フリーダイアル0120-355-283 メールお問合せ
トップへ
ホーム » EMIOOKはECOにこだわります » 1House1tree-緑化:おすすめの植栽-

1House1tree-緑化:おすすめの植栽-

1House1Tree
植栽は建物を引き立てる上に、エクステリアを美しく見せてくれます。
四季折々の樹木や花々を楽しんで下さい。
沢山ある植栽の中から育てやすく、人気のある木々を少しだけご紹介。


シマトネリコ
オリーブ
ヒメシャラ
涼しげな姿で様々なスタイルのガーデンに良く合います。ゆらゆらと風に揺れる小さな葉っぱが1年を通して楽しめます。 卵型の葉がとてもキュートなオリーブは、品種が豊富で3mから7m以上になるものまであります。実をつけるには、異品種を2種類以上揃える必要があります。 節のある枝ぶり、独特な光沢のある幹、小さく品のある葉、そして何より清楚な白い花が印象的。1年を通して観賞度の高い木です。
カツラ
ハナミズキ
ヤマボウシ
縁が波打ったハート型の葉形が愛らしく、新緑はとっても鮮やか。秋、紀伊路に色づくと、ほのかに甘い香りがしてきます。大きくなっても軽やかな雰囲気の木です。 春を楽しむのにはピッタリの木です。桜と入れ替わるように花が咲きます。清楚な花の色と形は、家族やお客様を優しく迎えてくれます。 近縁種のハナミズキと比べると、やや落ち着いた印象があります。白い花がかわいらしく、果実、紅葉と年に3回も楽しめます。
エゴノキ
ソヨゴ
ジューンベリー
春から初夏に、小さな花が枝いっぱいぶら下がって咲く姿は、庭を明るくします。花が終わるとかわいい実がなり、野鳥が好んで食べます。 葉がそよそよと音を立てる様子がその名の由来です。冬の寂しい庭を赤い実が彩ってくれます。ソヨゴは雄・雌と異株のある珍しい木で、さくらんぼの様に赤い実をつけるのは雌株ですが、雄株も植えないと実が付きません。 春になるとすずなりのかわいらしい白い花が咲き乱れ、初夏につく赤い実は熟すと紫いろに変化します。そして秋には紅葉と四季の変化を思う存分に楽しめる木です。
実は生食やジャム・果実酒などに利用出来ます。
イロハモミジ
凡例
モミジの特徴は何といっても秋の紅葉ですが、新緑の時期の葉は明るい緑色が鮮やかで、光を通してみるととても綺麗です。
姫高麗芝
どのスタイルのお庭にあっても目を引くのは、あたり一面グリーンが鮮やかな芝です。「高麗芝」や「姫高麗芝」は日本の気候にピッタリで育てやすく、中でも「姫高麗芝」は高麗芝より葉っぱのキメが細かく、素足で歩いても痛くありません。
お手入れが必要ですが、人気が非常に高くメインガーデンなどにオススメです。
家や庭のスタイルを選ばず、どのお庭にもなじむ芝は、暗い色になりがちな地面を、明るい緑でおおってくれます。難しいお手入れは必要ありませんが、除草や刈り込みが必要です。