20170112_0914_40_0308w928_h611

外での空間を楽しくするテラス
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
Y様には、LIXIL エクシオールココマ兇鮖楾して頂きました。
家と既設フェンス(フェンス下は法面)の限られた空間にぴったり合う空間に。明るい木目調と白×ブラウンの家の外観とも雰囲気はぴったり。
今回は、オープンテラス:腰壁タイプ。テラス空間をより使いやすく仕切る腰壁付きのタイプとなっています。
よくある施工例としては、腰壁をブロックで作り、壁面にタイルを張り付けるという施工方法が最も一般的となっていますが
今回のY様邸では、あえて腰壁に「化粧ブロック(半面タイプ)」を使用することでコストも削減でき、オリジナリティあふれるテラス空間となりました。既設フェンス下のブロックと、同等品の化粧ブロックですのでお互いの主張が喧嘩しあうことなくなじませることができました。
一段高い位置にあるY様邸ですので、腰壁仕様のテラスですとお隣からの目隠しにもなり大変好評でした。
先ずは、ここでバーベキューをお楽しみいただくのが夢とのことです。
 
Before|After


IMG_0643
G-2



G-2

私だけの腰壁♪


化粧ブロック×タイルの組み合わせ。
既設のフェンス基礎ブロックと同等のタイプを腰壁に使用したことで、外観的にも統一感をだしています。
腰壁の裏側には、タイルを使用。ブラウンの色味が強い色を使用することで、化粧ブロックの色と調和がとれていますね。
化粧ブロックとタイルが濃い色なので、テラス本体のナチュラルな木目カラーがとても明るく綺麗に映えました。
G-2

外との調和がとれるデッキ


あえてお部屋から下げ、GLに近い高さでタイルデッキを施工し、窓下にあえてステップを施工しました。
それにより、足元は腰壁で隠すことができますが、ステップや窓の縁に腰かけて外を眺めることもできます。
Y様邸は少し高い位置に家が建っていますので、外を眺めることができる最高のロケーションのテラスとなりました。
外との調和がとれる、癒しのテラス・デッキスペースです。
DSC04056
DSC04073
DSC04062
素敵な眺めを楽しめます。 白×ブラウン×木目カラー
色の調和がとれた空間。
既設のテラス囲いと、タイルデッキとの間にコンクリートを打設し
足元空間を広げました。
 
Youtube 動画は コチラ から



施工地域 岐阜県恵那市
工事の種類 オープンテラス(腰壁タイプ)設置工事
タイルデッキ工事・コンクリート工事
お客様のご希望 既設の木製デッキを解体した為、そこに何か建てたい。
ネットでココマ兇ヒットし、最初から「ココマ兇鮗茲衂佞韻燭ぁ廚箸い商品指定でのご要望でした。
ショップには実際のココマ兇展示してありますので、商品のイメージをしっかりととらえてからの施工が可能でした。
プランのポイント コストの削減も考え、腰壁を化粧ブロックで施工することでオリジナリティのあるテラスを施工できました。
使用建材 テラス:LIXIL エクシオールココマ
腰壁:UNISON シャモティ × LIXIL ロカクラシコ
タイルデッッキ:LIXIL コンテ
使用植栽 ――――
工事費用 税込100万円〜
お施主様のご感想 ―準備中―
この記事についているタグ:テラス屋根ガーデンルーム