既設のテラス囲いとつながるテラス屋根

ウッドデッキとテラス屋根をご依頼いただきました。

テラス屋根は既設のテラス囲いと同じLIXILで揃え、デッキに合わせて2間×8尺のスピーネを施工。
既設のテラス囲いと新しいテラス屋根の間にはどうしても隙間ができてしまうのですが、コーキングで隙間をふさぐ処理をして対応しました。

ウッドデッキは三協アルミのひとと木2を施工。
ローデッキを間口いっぱいに取り付けたので、お庭に楽に出られるようになりました。
エアコンの室外機はウッドデッキを切り欠き加工することで対応しています。





2
ウッドデッキに合わせたテラス屋根
6
屋根材は熱線吸収ポリカ
隙間はコーキングで処理
室外機部分は切り欠き加工
デッキの板幅に合わせて加工



Before|After





施工地域 岐阜県中津川市
工事の種類 テラス ウッドデッキ
お客様のご希望 テラスとウッドデッキが欲しい
プランのポイント テラスと既設テラス囲いの隙間をコーキングで処理
ウッドデッキは室外機部分を切り欠き加工
使用建材 テラス:LIXIL スピーネF600タイプ 2間×8尺 標準桁 ロング柱 熱線吸収ポリカ
ウッドデッキ:三協アルミ ひとと木2 W3162×6尺〜1270 床板横張 + 段床デッキ W3162×D432
使用植栽 -
工事費用 -
お施主様のご感想 -
この記事についているタグ:洗濯物干し場テラス屋根デッキ・タイルデッキ