G-1

広々とした駐車スペースと、石積上のフェンス
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
既設が砕石だったI様邸。車の乗り入れこそできるものの、使い勝手としてはとても不便なものがありました。カーポートも無く車も野ざらしの状態でした。もちろん水もたまり、雑草も大変なことに…。それらを解消する為、家から道路にかけてを土間コンクリートで舗装。一部は玄関までつなぐことが出来る様アプローチも施工しました!家の外壁の一部にレンガが使われていることから、土間コンクリートの目地も砂利ではなく「レンガ」を使用して統一感を持たせました。カーポートには、エミオークおすすめのソルディーポート(LIXIL)を施工!インターロッキングの仕切りには曲線を描きやすいピンコロを採用。色を赤にし、統一感も持たせてあります。
また、既設の石積みの上にフェンスを建てたいというご要望を頂きました。既設のブロック塀はボロボロの状態だったため、新たにブロックを積みました。石に穴をあけ、アンカーを通していますのでしっかりと施工できていますよ!レンガがかわいらしいご自宅にマッチするアメリカンフェンスは、道路側に。家の裏側はメッシュフェンスを採用しました。
 
Before|After


IMG_0643
G-2



G-2

石積み状のブロック基礎


ブロックを積む際、基本的には土の中に基礎をつくり、その上にブロックを建てていきますが
今回は石積みの上。当然通常の基礎のつくり方は通用しません。そこで岩に穴をあけ、アンカーを施工することでブロック積みの基礎とし、石積の上にもブロックを施工することが出来ました。強度ももちろん変わりありません♪
道路側は、アメリカンフェンス/境界にはメッシュフェンスを採用。アメリカンフェンスは、レンガにもよく合い、可愛らしい印象を与えてくれますね。
 
G-2

通路を兼ねての雑草処理


一般的な防草対策として、防草シートと砂利が選ばれますが…
実は防草シートの上に砂利を敷いても、草は生えてきます…。というのも、風に乗った種が砂利部分に根付いてしまうからです。防草シートより下へは根は伸びないので「雑草をはやさない」のではなく「処理を簡単にする」というイメージを持ってもらうといいと思います。(かといって、どんどん生えてくるわけではありませんのでご安心ください♪)
また、砂利の場合「歩きにくい」というデメリットもあります。防犯対策にもなりますが、I様邸は隣地より高い位置にある為、足元がぬかるみ転んだりした拍子に落下しないとも限りません。今回は防草対策をアスファルトにしたことで、歩きにくさを改善しています。しっかり安全に通路としての役割を保ってくれていますね。



N-S-3
施工地域 岐阜県中津川市
工事の種類 外構工事全般
土間コン・フェンス・インターロッキング・アスファルト舗装・ブロック積
お客様のご希望 雑草が多く、処理が大変なので広い範囲を雑草の対策を行う事が出来ないか…
既設の石積の上にフェンスを建てたいけどできますか… というご相談
プランのポイント 家と道路との間は土間コンクリートを広範囲施工しました。デザイン目地は砂利ではなく「レンガ」を仕様。ご自宅との調和がうまくとれるよう色の感じもしっかりと合わせました。また、家の裏側の防草対策には「アスファルト舗装」を行いました。高台にある家ですので、歩きにくい砂利ですと転倒や落下の恐れもあります。その為足元がしっかりとし歩きやすいようアスファルト舗装を施工いたしました。
また、フェンスのご希望でしたが、既設の石積上のブロックがボロボロで、基礎としても不安定でしたので一度撤去を行い、再度新しいブロックをフェンスの基礎として施工いたしました。
石に穴をあけ、アンカーを通すことで石上にもフェンスを施工することが可能です。アプローチの縁は、曲線を描きやすいピンコロを使用。レンガに合わせて色を赤色に♪
使用建材 カーポート:LIXIL ソルディーポート
フェンス:B-Life.s アンの庭/LIXIL ハイグリッドUF8型
舗装材:UNISON カッシア
使用植栽 無し
工事費用 ―――
お施主様のご感想 現在準備中です