20200818_0930_20_0556w735_h489_popup

写真は当店で外構工事をご依頼頂いたお客様が工事完了後、グランドカバーのクラピアを植えられた写真です。

とても綺麗に地表を覆っていてまさに緑の絨毯です。

【クラピアについて】
芝と違い、クラピアは横に茎葉を幾重にも重なり伸びていくので雑草種子の侵入を衰退させるので雑草対策にもなります。
クアピアは整地後、等間隔に植えることで約二か月ほどで地面を覆うと言われています。
繁殖するスピードが速く、植えてから1シーズンもまたずにお庭を緑の絨毯で覆ってくれるのも嬉しいポイントですね。


20200818_0930_56_0024w735_h489_popup

レンガ敷きの部分も綺麗に縁に沿って生えてくれます。侵入させたくない個所は広がる前に柵や敷材を施工するのがおススメです。

気温が10℃以下になると休眠して茶色くなりますが日当たりのいい場所などで条件が良ければ完全に休眠せずに緑の期間が芝よりも長く保ってくれます。

このようにメリットが多いクラピアですが、デメリットとしては芝よりも施工費は上がります。
施工範囲によってお値段が変わりますので気になる方は一度ご相談ください。